新刊「高速収益不動産投資成功法」で、三宅耕二さんがアマゾンキャンペーンをやってます


久しぶりに、不動産投資のノウハウ本を読みました。



サラリーマンから、不動産投資家になった三宅耕二さんが、不動産投資のノウハウ本を出版されました。



不動産投資で脱サラ・リタイアするまでの18ヶ月間の実践ノートの記録をわかりやすく記述されています。



頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法で有名な今田信宏さんの監修です。



頭金ゼロではじめる〈高速〉収益不動産投資成功法[実践編]ーお金に縛られない自由人の暮らしを早期に実現する方法



貯金もなく、このまま一生働き続けなければならないかと思うと腹立たしかった。そこで、どうにかこの境遇から脱出する方法はないかと模索した結果が不動産投資だったそうです。



これから不動産投資を始めたい方向けに、不動産投資の方法、エッセンスが、今田さんと三宅さんの掛け合い方式の対談で、とてもわかりやすく、書かれています。

不動産投資に始めたいと思っているが、なかなか始めれない方にも具体的なイメージがわかります。



今でしたら、アマゾンで購入し、キャンペーンに申込むと、実際の三宅さんの所有する賃貸マンションの【大家さんマル秘帳簿】がもらえます。



【大家さんマル秘帳簿】の中身は、



  • 賃貸経営の収支、清算書


  • 実費清算報告書


  • お困り事対応報告書


  • 建物点検報告書


  • 自動販売機販売手数料支払通知書


となっています。



この収益マンションの帳簿を見ると、この1棟の物件で毎月いったいいくら収益があるのか、賃貸経営では、毎月どんな経費がかかるのか、借主からどんなクレームがあるのか、賃貸経営を管理会社に頼むとどれだけ手間がかからず、楽なのかを実感できると思います。

サラリーマン大家って、時間、労力をわずかな投資だけで、やっぱり儲かるんだと理解できると思います。



★【アマゾンキャンペーンの参加方法】



1 頭金ゼロではじめる〈高速〉収益不動産投資成功法[実践編]ーお金に縛られない自由人の暮らしを早期に実現する方法をアマゾンで購入する。



2 アマゾンキャンペーンのページで、アマゾンの注文番号とメールアドレス等を入力する。



不動産投資や賃貸経営を学びたい方には、実質無料の不動産投資セミナーをおススメします。

不動産投資の体験学習会

不動産を購入したら消費税還付ができるかどうか確認しよう


私が最初に買ったのは不動産投資物件は、区分所有の中古マンションでした。

はじめての不動産投資で購入する投資用不動産としては、区分マンションが最適だと思います。



残念ながら、当時は消費税の還付ということを知りませんでした。



消費税の仕組みを知っていれば、消費税の還付を受けれたのにと、今でも残念に思います。



アパートなどの消費税を全額取り戻す超裏技



建物を購入したり、建てたりすると、消費税がかかります。



不動産投資で、マンションやアパート、ビルなどの賃貸用の建物を取得したときは、きちんと手続きをすれば、消費税の還付を受けることができます。



消費税は、「預かった消費税」から「支払った消費税」を差引いて計算します。



「預かった消費税」よりも「支払った消費税」の方が大きければ、そのマイナス分が還付されるのです。



不動産投資で建物を取得する高額の消費税がかかります。



それに比べると、賃料などにかかる消費税は少額です。これが還付を受けれる理由というか、仕組みです。



住居系の賃貸不動産、マンションやアパートの賃料は非課税となっているので、マンションやアパートなどの還付の計算は、少し複雑です。



消費税還付は事前届出が重要なポイントになります。



還付ができるのかどうかを知合いの税理士さんなどに早めに確認しておきましょう。



サラリーマンなどの方が副業で不動産投資をするときは、1棟目の物件は、ほぼ確実に還付を受けることができます。



建物の対価が5,000万円の物件なら、消費税は250万円です。



大きいですよね。



知っているのと知らないのでは。



店舗、事務所、駐車場などの賃料に消費税がかかる賃貸物件を取得した場合には、届出をしておけば、消費税は、ほぼ全額の還付を受けることができます。



マンションやアパートなど、賃料に消費税がかからない収益物件を取得した場合は、初めての不動産投資というか、初めて持つ収益物件ですと、還付は受けれます。



あなたも不動産投資のノウハウを身につけませんか?



実質無料の不動産投資入門セミナー ⇒ 不動産投資の体験学習会



マンションも、2棟目、3棟目になってくると、個人では難しいのですが、法人組織にすると、還付が受けれたりします。
一眼レフカメラを覚えたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。